www.pentacle-press.com
簡単に言えば、任意保険という保険は強制保険の自賠責保険とは違い、自賠責保険では補いきれない部分の補償が可能になるとても大事な保険です。これは任意保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せという役割で役に立つものですので、自賠責保険で補える支払いの限界を上回った際に役立ちます。また、自賠責保険では物的損害に関しては保証されていないので、そこまでカバーする時にはさらに任意保険にも加入するのがいいと思います。現時点で任意保険を支払い済みの車を処分する際は、日本の自動車あるいは外車というようなことは関係なく、残っているお金が戻ってきます。国内メーカーの自動車を廃車にする場合も同じです。自賠責保険の場合基本的には加入したままでいるのが常識ですが任意保険というものは誰でもかける保険ではありませんから、中途解約になります。それで任意保険を契約解除した後は今現在 納めている残存金額が戻ってくるのです。自動車の買取が決まったからといってすぐさま任意保険の契約をキャンセルするというのはリスキーです。当たり前ですが早く契約解除するとその分戻ってくる保険料は多くなりますが、もしも車買取のお店が離れた場所にあり自ら運転していくということになったケースでは保険なしで自動車の運転をしなければなりません。リスクに備えて、絶対にこれから自動車の運転をしないという状況になるまでは保険の解除手続きはすることのないようにする必要があります。所有車を売却してすぐ違う車を買う場合であれば構わないと思いますがもしも運転をしない状況が続き任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこうした任意保険未加入の時間がある場合、過去に継続していた保険の等級が下がるので、保険料の金額が上がります。そういった時は「中断証明書」という書類を出してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」を使えば10年までは契約解除前の等級を引き継ぐことが可能です。そして、13ヶ月以内は発行することができますので、もしすでにクルマを売却していて、「中断証明書」を発行されてもらっていない状況でしたらその保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。もしあなたが他の自動車を購入することになって買った後に前に保有していたクルマを買い取り依頼する場合は契約は片方のみになります。更新になるため、運転する予定のある車ならば売却まで注意が必要です。そして任意保険の保険料は車種で料金が大きく変化してきますから、クルマ引き取り時は任意保険を見直すタイミングなのです。